令和2年度 真岡YEGスローガン

ONE TEAM ~思いやりをもって活動しよう~


基本方針
会長 佐藤 進 2019年5月平成から令和に年号が変わり、新しい時代の幕があがりました。
2019年は台風19号の被害で多くの方々が被災されました。真岡市は辛うじて大きな被災は免れましたが、最近の異常気象は何処で同じようなことが起こっても不思議ではありません。
中国で発生した新コロナウィルスが日本に上陸し、あっという間に世界中の雰囲気が一変しました。姿が見えない敵を恐れ、先が見えない世の中に人々は不安になり、今まで当たり前に行ってきた経済活動が行えないもどかしさは、今まで生きてきた中で最高レベルの大ピンチです。
しかし、このような未曾有の時代にこそ、地域を支える私たち真岡商工会議所青年部メンバーは、ONE TEAMになるべきではないでしょうか。
ひとりでは、1社ではどうにもならないことでも、青年部活動を通じてチームワークを昇華し、この難局をなんとしても皆で乗り切りましょう。そして、ひとりで悩んでいる青年経済人を助けて地域を一緒に盛り上げていきましょう。
先輩方から受け継いできた灯ろう流し、街中の活性化を図る事業開発、会員研修会、そして昨年度締結した下館、結城、小山商工会議所青年部と様々な交流を通じて新たな仲間とのビジネスチャンスを繋げてまいりたいと思います。
一年間メンバーのご理解ご協力をよろしくお願い致します。
令和2年度 真岡YEG活動方針
本年度真岡YEGは、綱領・指針に基づき、より良い地域社会作りに貢献するために以下の通り活動してまいります。

① 総会・諸会議の開催、運営及び事務局との連携協力
② YEG活動の積極的な発信、広報活動
③ 会員の資質向上及び自社企業発展の為の事業
④ 地域活性化の為の各種事業の開催及び地域イベントとの連携協力
⑤ 地域活性化、中小企業繁栄等の提言活動
⑥ 地域貢献へ次代に繋がる新規事業
⑦ 全会員がYEG活動へ積極的に参加出来るようなフォロー活動をし、また会員間の交流を図る為の事業と積極的な会員拡大
⑧ 日本商工会議所青年部、関東ブロック商工会議所青年部連合会、栃木県商工会議所青年部連合会との連携・協力
⑨ 鬼令会-SOMY-との連携・協力
YEG宣言・綱領・指針
YEG宣言
私はYEGとして、夢に挑む。
私達はYEGとして、地域を愛する。
すべてのYEGは、連帯の証となる。

綱 領
商工会議所青年部は、地域社会の健全な発展を図る商工会議所活動の一翼を担い、
次代への先導者としての責任を自覚し、地域の経済的発展の支えとなり、
新しい文化的創造をもって、豊かで住みよい郷土作りに貢献する。

指 針
我々青年部は、
一、地域を支える青年経済人として、先導者たる気概で研鑽に努めよう
一、国際社会の一員であるべき、国際人としの教養を高めよう
一、豊かな郷土を築くために、創意と工夫、勇気と情熱を傾けよう
一、文化を伝承しつつ、新しい文化の創造に向かって歩を進めよう
一、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ、力を合わせ国の礎となろう

Topへ